製造業生産ライン|IoTプロジェクト紹介
概要

同社では、全国に複数の工場・生産施設を保有しておりますが、敷地が広大な工場内及び生産施設全体を網羅するためには、無線LANのアクセスポイント等の方法では多額の投資が必要となる点が課題でした。
一方では、敷地が広大であるが故に、無線通信を業務に活用することで、業務を効率化することのできる余地が多分にあり、3G/LTEの公衆網を通信インフラとして選択し、適切な料金プランとネットワーク構成を進めています。

帯域卸

同社では、生産ラインの状況報告、監視のために画像の送受信等、多くのデータ量をやりとりすることが想定されるため、回線単位での提供形態では非常に高額なプラン設定となりますが、
帯域単位での提供
とすることでコストメリットを高めることが可能となります。

同社の回線使用用途として、

  • 従業員の位置情報管理
  • VoIPによる音声コミュニケーション
  • 生産設備の動画・画像監視
  • 敷地内を動く車輌の運転・稼動監視

といった様々な利用用途があります。これら利用用途は利用する時間帯、アップロード/ダウンロードの通信の方向が異なることに加え、常時使用される必要はありませんでした。
特に動画・画像に関しては、車輌や人の通過の際に動画・画像を取得・保存するevent-driven型のクラウドカメラサービスについても提供する事で、必要なデータだけ通信する利用形態へと変換し、通信コストの削減提案を図ります。

用 途 端 末 導入によるメリットや今後の展開
構内作業者の操業支援、遠隔指示、情報共有 スマホ、タブレット
  • 構内の作業員に、狭帯域でも低遅延で通信可能な動画、音声のコミュニケーションツールを配布し、遠隔による作業指示、作業チェックを実施し、安全な作業指導を目指す。
  • API連携での開発により、カメラ起動の簡素化、GPSとの連携が可能であり、監督者が遠隔地で現場のコントロールができ、業務効率化に貢献。
  • 作業員の転倒、長時間の滞留等事故を検知、早期対応も可能とする。
構内作業者の位置情報管理及び健康管理 スマホ、ウェアラブルデバイス
  • 危険エリアでの作業人員数や場所を把握する事が可能。
  • 将来的には、心拍等測るウェアラブル端末と組合わせスマホをゲートウェイとした健康管理、健康状態を踏まえた作業指示、危険事故の防止等を目指す。
大型特殊車両の定点輸送時の運転監視、位置情報の把握 ドライブレコーダ
  • 大型特殊車両、機関車にドライブレコーダーを取り付け、機関車の運転状況、位置状況を把握することで、現状ワンマンで運転されている車両の事故防止と位置管理を目指す。
  • 音・振動のセンサーと組合わせる事で、将来的にはAI活用による車両の破損や軌道のゆがみ、脱線等の予兆検知、事故の防止に貢献する。
危険作業エリアでの監視 監視カメラ
  • 危険エリアの進入禁止場所に赤外線センサ、マットスイッチ等物理センサを設置し、監視カメラを連動させる事で、作業員の危険エリア侵入を映像と共に管理者へ注意喚起することで、一次災害、二次災害の防止を目指す。
  • 将来的なAI活用により作業者の挙動や振舞いを監視、危険な行動を検知すると共に、服装の画像分析により、危険エリアでのあるべき服装・装備となっているか判別し、重大事故のリスク低減。
進入時のモニタリング 監視カメラ 顔認証システムと監視カメラを連動させることで、機密エリア(重要書類保管庫等)や危険エリアへの人の進入を制御し、重要情報の漏洩や危険物による事故を防ぐ。
生産設備の遠隔モニタとログ収集 ⑤監視カメラ
  • ベルトコンベア等の生産設備の稼働状況を遠隔モニタリングし、重要設備運用ログと連携させることで、生産設備の異常発生時に動画で状況を把握する。
  • 稼動ログの収集、及び、将来的にはAI活用により故障等の事前検知、予防保全を目指す。

この様にして回線用途毎のコスト効率の向上、及び、同社全体でのコスト効率の向上を同時に実現すべくプロジェクトを推進しています。

現在の状況について

同社の敷地内において、3G/LTEのデータ通信が今回の目的に対して問題なく利用可能であることを実証実験を通じて確認しました。今後は、業務利用するアプリケーションとともに導入を図っていく予定であり、上述のカメラのクラウドサービスをはじめとして、丸紅グループや弊社パートナーと連携の上、通信サービスの留まらないサービス提供を目指します。

 IoTページに戻る